ASAHI BELTED HIGH SUEDE(ASAHI M021)

1892年創業の老舗靴メーカーアサヒシューズが展開する「ASAHI」のスニーカー、ASAHI BELTED HIGH SUEDE(ASAHI M021)
長い歴史の中で培われた技術と経験から作られる拘りの一足。

1970年代、当時の技術においてバルカナイズ製法よるレザーアッパー採用は、ゴムとの接着の相性が悪く耐久性に難がありました。その策として発案したコットンのヘリンボーンテープをベルト状に巻いて接着していたかつての技法。このかつての技法に再び意匠性と耐久性を見出したASAHI BELTED HIGH SUEDE。
当時のバスケットボールシューズのラスト(靴型)をベースに、履き口のライニングには馬裏革を採用。
ASAHI が改めて提案するレザースニーカーです。

「ヴァルカナイズ製法」
国内でもごく僅かな工場でしか生産することの出来ないヴァルカナイズ製法(加硫製法)。
この製法から生み出される靴にはソールがしなやかで柔らかい、丈夫で壊れにくい、美しいシルエットが保てるといった良さがあります。
そして何より熟練の手仕事でしか生み出せない、精巧で美しい“作りの良さ”が魅力です。

製品寸法
サイズ表記 対応サイズ ヒール高
25(25.0cm) 25.0cm 2cm 9.8cm
26(26.0cm) 26.0cm 2cm 9.9cm