アンビルト タケオキクチのスマートセットアップがラグビートップリーグ「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」の2020年度公式オフィシャルスーツに。




2020年、アンビルト タケオキクチはジャパンラグビートップリーグに所属する「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」の公式オフィシャルスーツに選ばれました。阪神淡路大震災から25年の節目となる今年、神戸に本社を置く企業同士として神戸からラグビーを盛り上げていきます。




"モダントラディショナル"をコンセプトに、歴史と伝統のある神戸製鋼所、そして日本を代表するラグビーチーム 神戸製鋼コベルコスティーラーズの王者としての風格、品性と、現代ラグビーに象徴される合理性を両立させたセットアップスタイル。グレー地に大柄のチェックのセットアップスーツに清潔感のある白のシャツ、ネクタイはコベルコスティーラーズのチームカラー 赤の小紋柄をコーディネート。スーツの裏地にもチームカラーの赤を採用し、戦う鋼の男を表現しています。




KOBELCO STEELERS ホームページ

https://www.kobelcosteelers.com



ワールド「ファイティングブル」と神戸製鋼「コベルコスティーラーズ」


2009年に休部したワールドのラグビー部「ワールドファイティングブル」は、1984年の創部当時、日本を代表する名門社会人ラグビーチーム「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」の胸を借りて徐々に実力を付け、創部10年目の1994年には関西社会人Aリーグ優勝を果たしました。一方、神戸製鋼は1995年の日本選手権で7年連続日本一を達成して黄金時代を築き上げていきました。しかし、同年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、神戸は大きな被害を受けました。そんな厳しい環境の中、震災を乗り越えてしのぎを削る両チームの対戦は“神戸ダービー”と呼ばれ、たくさんのラグビーファンを魅了しました。そして、1999年の全国社会人大会決勝戦では地元・神戸同士のチームが赤と青のジャージで戦い、神戸製鋼が震災の年から5年ぶりに全国制覇を果たしました。