UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

着飾るという情報発信

こんにちは、

パターンと生産担当の「TAISEI」です。


着飾る


という言葉。

これはファッショナブルであるとか、

流行りのスタイルを取り入れているという言葉とも

ちょっと違うと個人的には思っています。


着飾るというのは、

自分の趣味・嗜好(思考もあるかな)を、

洋服を通じて、自分はどの様な人物なのか、

初対面の方に情報を与える為のツールとも

思っています。


性格や思考は、

話す言葉や会話を通して

人となりを知るので時間が必要です。

着飾っている洋服・装飾品は、

相手側に視覚情報として、瞬時に伝えられる

大事なツールになります。。


オーソドックスなネイビーやブラックスーツは、

当たり障りの無い、可も不可も無い

社会的道義をわきまえたスタイルとして

相手側に問題の無い人物だろう・・という

情報を与える事が出来ます。


いや、決してネイビースーツを

貶している訳ではありません。

むしろ大人になってきて、ネイビーの奥深さ

(色味・織り柄・表面感)をやっと分かってきた位ですw


そんな社会人として、

TPOに合わせたスーツスタイルの中に、

自分が何者なのかを与える情報として、

僕は少し遊び感覚で、ある部分を有効活用しています。


それはフラワーホールです。


●フラワーホールとは?

フラワーホールとは、

現代のスーツスタイルの中では、

既にあまり意味を為さなくなってきたディティールです。


フラワーホール自体は、軍服が正装だった頃の第一釦が

ジャケットのラペルとして折り返された名残になります。


英語ではフラワーホール・

フランス語だとブートニエールという言葉通り、

このホールを装飾用に使い、花を添える為の装飾に変化していったのです。


●初対面の相手に与える情報を増やす

僕はこのフラワーホールを生かして、

好みのピンズを刺して行く事が多いです。


働き方によっては、外部の方と商談される方も

多いと思います。

ネクタイや、チーフも装飾の一つですが、

そこは着飾るアイコンの一つですが、

ピンズはそこに趣味・嗜好が明確に現れます。


相手側から見ると、

人を判断する情報が一つ増える訳です。


今の方はもっとスマートなのかも知れませんが、

どうしても自分はバリバリ昭和世代なので、

商談前に「話の取っ掛かり」から入る事が多いです。

「今日も寒いですね~」

「〇〇なんて大雪みたいですよ・・」

なんて会話した事ありません?


その際に、趣味・嗜好・時事ネタ的な情報を

この「ピンズ」に入れ込むと、

気付いた方が、ここから会話をスタートしたり、

逆に相手側から情報を発信してくれる事もあります。


招致系のアイテムは時事ネタ・嗜好性を

表すアイテムとして結構使いました。

オリンピック招致のピンズは色味も華やかで見栄えも良いので

商談で一番会話の糸口になりました。

音楽系のモノは、文化的に嗜好性を強く打ち出すので、

会話の糸口の当たり外れが多かったです。


好きなものと働くという、

UNBUILTの考えるスーツのお供に

趣味・嗜好を表現するピンズを付けて、

着飾ってみるのは如何でしょうか?

それではまた


UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて

おすすめコンテンツ

ABOUT 『アンビルト タケオ キクチ』とは?
オススメスタイル紹介一覧
それぞれのアンビルト

UNBUILT TAKEO KIKUCHI IGTV

・日時:毎週木曜日20:30〜
・URL:UNBUILT TAKEO KIKUCHI Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー