UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

今作るなら、この生地で。

2021年10月16日


厚すぎず、薄すぎない。

何を着るか悩むのは決まって
暑すぎず、寒すぎない今のような時期。
セットアップを作ろうにも、
どの生地を選んだらいいか迷いますよね。

そこで本日は 真冬仕様でもなく
通年仕様ほどさらっとしすぎない、
今時期にぴったりの生地をご紹介いたします!




絶妙な ほど良い厚み。


大げさな季節感の表現ではない
ほんのりと暖かな素材たち。


─────────────


1.スマートフランネル

UNBUILTのフランネルは少し薄め。
着る時にかさばらず、軽いのが特徴です。

起毛感もさりげないから、今時期にぴったり。




この生地、実は伸縮性もあります。
スタッフの人気も高く、着心地はお墨付き。

色展開が無地のものだけで8種類と豊富なのも魅力です。
(柄物をあわせると なんと12種類も!)

起毛感のある素材はピリングが発生するため、
たくさん歩く日や鞄の持ち方には注意が必要です。


─────────────


2.トラックストライプ

柄物がOKであればおすすめしたいこちら。

写真では分かりづらいですが、
こちらも少しだけ起毛感があります。

ただ、厚みはなくとても柔らかいです。




ポリエステルとウールが半々の良いとこどりで
デリケートすぎず扱いやすい素材。

こちらも伸縮性があり軽めです。

柄はやや強めでも生地感が優しいので
バキッとした印象にはなりません。


─────────────


3.テックデニムⅡ

そもそも何故「Ⅱ」がつくのか、というと
初め登場した時にとても人気ですぐに売り切れ
→ さらに良い生地になって再登場!

そんな流れがあっての「Ⅱ」です。




テックデニムは通年着られる素材ですが
少し厚みがありしっかりしているので
今が一番ちょうどいい説を唱えたいと思います。

とはいえデニムの括りの中では薄めです。
細い糸で織っているため品の良い光沢が生まれ
カジュアル感が前面に出てきません。



─────────────


以上、9~3月頃に特におすすめの
3つの生地をご紹介いたしました。
気になる生地はございましたか?
少しでも参考になりましたら幸いです。

それではまた 冬バージョンの生地紹介で
お会いいたしましょう。



─────────────



UNBUILT TAKEO KIKUCHI

井上