UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

結婚式、ドレス以外の選択肢


結婚式に何を着ていくか

結婚式の招待状が届き 返信を出して、
まず「結婚式 服装」で検索…なんて経験
誰しも一度はあるのではないでしょうか。

調べてみると分かるのですが、
サイトによって書いてあることは まちまち。

そもそも検索結果には ドレスや
ワンピースばかりが並んでいるけど
スーツってどうなんだろう。

そんな疑問に対してのアンサーと
“フォーマルな装い”についても
あわせてお伝えしていきます。





 目次
 1.フォーマルウェアとは        
  ・ドレスコード
   1) 正礼装
   2) 準礼装
   3) 略礼装
 2.近年の傾向
  ・カジュアル化が進んでいる?
   ◦ TPOの考え方
 3.女性がスーツを着てはいけないのか
  ・パンツスーツでも大丈夫
   ◦ NGな服装とは
 4.最後に
  ・おすすめ生地

フォーマルウェアとは


まず前提として “フォーマルのルール”は
 時代と共に変化していくものであり、
そして人間関係を円滑にするために
決められているものであることを
 ぜひ 念頭に置いておいてください。



ドレスコード

日本ではあまり馴染みがありませんが、
フォーマルウェアは昼と夜で装いが分けられます。
(午後5~6時の時間帯)


1) 正礼装

宮中関係の行事、格式ある式典や
結婚式の主催者の場合に着用する、
最も格式の高い正礼装。

【昼】
男性:モーニングコート
女性:アフタヌーンドレス

【夜】
男性:燕尾服、タキシード
女性:イブニングドレス



2) 準礼装

一般的な結婚式、祝賀会、卒業式、入学式
ビュッフェスタイルのパーティーなどに。

【昼】
男性:ディレクターズスーツ
ブラックスーツ
女性:セミアフタヌーンドレス
タウンフォーマルウェア

【夜】
男性:タキシード
女性:ディナードレス


3) 略礼装

カジュアルな結婚式や披露宴、
結婚式の二次会、また「平服指定」の
場合もこちらの略礼装で。

【昼・夜】
男性:ダークスーツ
女性:インフォーマルウェア


最近の結婚式で多いのは準礼装もしくは
準礼装寄りの略礼装、という印象でしょうか。






近年の傾向


長く勤めていると 結婚式での服装に対して
そのニーズや 実際の場の雰囲気など、
様々な変化を感じます。



カジュアル化が進んでいる?

近年 結婚式のカジュアル化が進んでいる
という話を聞いたことはありますか?

実際にたくさんのお客様とお話していて
また、自身も何度も結婚式に参列していて

服装に関して “こうじゃなきゃいけない” と
縛られなくなってきたと感じます。

ブラックのスーツに白いネクタイではなく
ネイビーや暗めのグレーにカラーネクタイ。

シンプルな膝下丈のドレス+ボレロではなく
ノースリーブに少し柄の入ったワンピース。

とても自由です。



TPOの考え方

ただし、冒頭で “フォーマルのルール” は
人間関係を円滑にするためにあると
お伝えしたように、ある程度自由にするには
相手を思いやる気持ちが必要ということ。

そのためにもTPOを意識して
服装を決めることが大切です。

結婚式での服装を考えるときには

①新郎新婦との関係
→ 家族 / 親族や上司にあたるか
友人 / 部下か など

②新郎新婦の職業
→ 堅いお仕事 / 年配の方が多い職場か、
美容 / ファッション系の仕事か など

③会場の雰囲気
→ 開催場所を検索してみて、
フォーマル度をつかむ

このあたりが目安になってくるかと思います。



女性がスーツを着てはいけないのか



もちろんスーツでも大丈夫

女性の結婚式の服装として
最もフォーマルと言われているのは
先にご説明したロングドレスです。

ただ、準礼装・略礼装ではパンツスタイルの
セットアップでもOKとされています。
つまり、スーツを着ても問題ありません。



NGな服装とは

たとえば男性はブラックスーツが
フォーマル度が高いと推奨されていますが、
いわゆる女性物のスーツでは
黒は避けた方がよいと言われています。
(ビジネス感、喪服感が出るため)

UNBUILTが推しているカジュアルモデルは
ジェンダーレスモデルであるが故に
メンズライクな印象が強く出ます。

そうなった時に、“フォーマルのルール”は
男女どちらを参考にすればいいのか…
ジェンダーを超えた明確なルールは
まだ見当たりません。

となると、おさえておくべきは
男女に共通しているNGな服装です。

・露出度の高い服装
・素足
・全身真っ黒、真っ白
・派手すぎる服装
・アニマル柄を用いたもの
・カジュアルな素材 (綿 麻 ニットなど)
・ボタンダウンシャツ
・ブーツ、サンダル

ざっとですが、このあたりでしょうか。



最後に


色んなルール、決まりごとを
長く書いてしまいましたが
結局のところ
“人間関係を円滑にするためのフォーマル”
であることに尽きると思います。

新郎新婦との関係性、空気感によっては
ルールもあってないようなものに なり得ることも。

「ものすごくオシャレして来てほしい!」
「華やかさがほしいから明るい色でお願い!」
「〇〇らしい格好で来てね!」

そんな会話があったり、なかったり。
主役が喜んでくれる服装が何よりです。



おすすめの生地

ここで遅ればせながら
オーダーブランドUNBUILTとしての
おすすめ生地をいくつかご紹介しよう、
と 思ったのですが…

やはり人それぞれ必要な生地も異なるため
ベーシックに使えるフォーマルな一着を
持っておくならこれかな、という生地を
3つお見せします。すべて黒無地です。

※冠婚葬祭用に良いとされている
光沢のない漆黒の生地は現在
お取り扱いしておりません。
ご了承くださいませ。




世界最高峰の素材メーカーであるロロピアーナの定番素材。
super130’sの繊細で上質な糸から作られる素材は
艶やかな光沢感、柔らかさ、肌触りの良さ、発色性を兼ね備えています。




ポリエステルウールの素材に特殊な加工をほどこし適度な反発性を付加。
ビジネス、フォーマルのみならずカジュアルスタイルにも使用できる万能素材です。




身体の動きに合わせて自在に伸縮するストレッチ性があり、
シワになりにくく、膝抜けなどの型崩れを押さえます。
化繊繊維の機能と天然繊維の上質感を併せ持つハイブリッド素材です。

※価格は全てオプション代別



なんか余計に分からなくなってきた、
でも興味はあるかも、という方は
よければ一度ご相談にいらしてください。

表参道にあります ワールド北青山オフィスで
採寸やご相談を承っております。

ご予約はこちらから


選択肢が増えると、
その分 悩むことも増えてきますね。

それはそれで とても楽しいです。


それでは、また。

UNBUILT TAKEO KIKUCHI
井上