UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

スーツ/セットアップの保管方法

2021年8月3日







正しく保管して綺麗を保とう



真夏は特に スーツ/セットアップ、
とりわけジャケットの登場頻度は
格段に下がりますよね。

長くクローゼットに眠る季節、
正しい保管方法で
大切な服を長持ちさせましょう。



スーツ/セットアップの保管の仕方



※クリーニングに出される方は
POINT.2まで飛んでください※

※長期保管される前には
クリーニングに出すことを推奨します※



POINT.1

ブラッシングをする

まずはホコリや汚れを落とすところから。
生地を整える効果もあるため、
ウールなどの天然繊維の場合は
毛玉やテカリ・虫食いの予防にも。

一度着るごとにブラッシングできれば
それがベストです。

長期間保管する場合は 絶対に
欠かせないマスト項目です。

※合繊には必要ありません



POINT.2

ハンガーに気を配る


・ジャケット
細いハンガーは型崩れの原因に。
肩部分に厚みがあるものを選んで。

・パンツ
ジャケットと一緒にかけるよりも
パンツ用ハンガーの使用がおすすめ。
(変にシワがついてしまうことがあるため)


※クリーニングから戻ってきたら
 ハンガーを変えることを忘れずに!




POINT.3

湿気に注意


通気性が悪く湿度が高いと
カビや臭いの原因に。

一ヶ月に一回程度を目安に
クローゼットから出して陰干しするか
それが難しいようなら せめて
クローゼットの換気を定期的に
行うことをおすすめします。

除湿剤(+防虫剤)の使用も合わせて
クローゼットに入れておくと安心です。

クリーニングから戻ってきたままの
ビニールに包まれた状態は
風通しが良くないのでNGです!

長期保管の場合は
ビニールをはがしたあと
風通しが良い場所で陰干しし、

不織布のガーメントをかけて
収納すると ホコリがかぶらず◎



その他のPOINT

・すべてのポケットをチェック!
 物を出しておく

・シワになってしまったら
 スチームアイロンをかける
 ※生地に直接当てず少し浮かせて

・クリーニングは信頼できるお店に頼む

・直射日光を避けて保管する



せっかくのオーダースーツ/セットアップ。
ぜひ長持ちさせて たくさん
お召しいただけると嬉しいです!





UNBUILTニュースレターは
\こちらのマイページからご登録いただけます/