UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

記憶。記録。思い出。


皆さまこんにちは!

UNBUILT桑野です。


UNBUILTのホームぺージでブログを書かせていただいてから、結構な回数になってきたなと思います。

最近では、ふとした時にBLOG読んでるよ!

そんなお声をかけていただくことも増えてきました。

恥ずかしくもあり、嬉しくもあり、すごく不思議な感覚に襲われます。


今回のタイトルにある通り、

私の記憶をブログを通して記録に起こし、その記録を読んでくださった方が話題として会話をしてくれ思い出になる。

そんなことをふと思ったので、今回のBLOGは「記憶」「記録」「思い出」を交えてたわいもない話を少し。


「記憶」

物事を忘れずに覚えていること。また、覚えておくこと。

過去の経験を保持し、必要な時に思い出すこと。


非常に曖昧で個人差の大きいものだと認識しています。

そのため可笑しくも愛おしく、時には恐ろしいものですよね。


「記録」

安定した形で定着・保存された状態にある。

書く・映像・音声・成績など。


記憶より確かな情報なのか、その時の残す側の状況や心情に影響されると思う。

ただ、改善が大きくきくわけではないため記憶より正確なのかもしれません。


懐かしいい写真を一枚ケガを一つの記録ですね。(笑)




「思い出」

前にあった出来事や体験を心に浮かべること。

また、昔を思い浮かべる材料となる事柄。


こんな幸せな時間あったな、あの人にもらったもの、ゲットするのに手間がかかったなど。

色々な思い出がありますね。

幸せな思い出もあれば、悲しい思い出もあります。

そんな人生を彩る思い出はこれからも増えていきますよね。

undefinedE7D8C145-1892-4B55-95C7-366F6CB800F1.jpeg

金メダルをゲットした兄とパシャリ。


現在、オリンピックが開催していますが、開会式の選手入場で思ったことがあります。

記憶に残す人、記録を残すひと。

どちらも違いがあって少し新鮮さを覚えました。


国ごとの旗に360度カメラか選手サイド視点の記録が残るようにする。

選手は撮ることに神経を使わなくてよくなり。

視聴する側へのサービスにもつながり、観ていて非常にいい絵になるのでは?と思いました。

ドローンを飛ばしても面白いですね!


記憶の利点は体感が五感から引き起こせるものだと思うので、

撮るという作業なく体感できたほうが、記憶に鮮明に残る気がしたんです。

そんなことを思い、少しもったいない気がしました。

記録は視覚と聴覚ですが、長い期間、形として残り、思い出を引き出すのに役立ちますよね。

なので、いいとこどりしてしまえばいいのにっ!もったいない。

心のなかで私のもったいないじいさんが...。(笑)


話しは少し変わりますが、記憶・記録・思い出に残すこと。

実は最近まで、まったく意識して生活してなかったんです。

意識してみると誰かと一緒にいる時間が濃密になりました。

記憶に残すために五感でより感じ取るように意識したり、

思い出を振り返るために記録を残したり、

いい記憶にするためポジティブな気持ちでいようとする。

すごくいいサイクルに変わりました!

興味がある方は是非、お試しあれいです。


こんな記録の残し方は間違ってますね。(笑)

ざっくり書きなぐりましたが、本日はこのへんで!







UNBUILT 桑野 智之


合わせて読みたい!おすすめ記事5選

雨と晴れ。そんな日のお供。

歳をとる。装いが変わる。

てやんでぃ。ホワイトデー。

言葉の違い。

少年時代

僕だけのいっちゃく。

UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて