UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

季節の変わり目という事2。


季節の変わり目。

前回のブログで梅雨について語ってみたが、関東地方の梅雨入りが発表された。

関西地区の梅雨入りの発表が早かっただけに、関東地方の梅雨入りも例年より早いのかなと予想していたが、あけてみたら例年より遅い梅雨入りとなった。


兎にも角にも、春から夏に変わっていく。

季節の変わり目。

どっちつかずの気候は洋服のスタイルも含めて悩ましいところである。


最近、長袖着るのか半袖着るのか、悩ましい。

最近の日差しの強さ、梅雨入りの発表、そんなことが重なり、もうすぐ夏だなとふと思い、季節の変わり目について綴ろうと思った。

そこでふとある疑問を感じた。

日本の四季「春・夏・秋・冬」。

いつからいつが春で、いつから夏なのか?

明確な区分ってないよなと。

気象学的季節の分類としては3月~5月が春で、6月から8月が夏、9月から11月が秋で12月から2月が冬、とされることが多いらしい。

ただ、明確な日にちは決まっていないのだ。

日本や中国の太陰太陽暦の分類だと正月~3月を春、4月~6月を夏、7月~9月を秋、10月から12月を冬とするらしい。

これも明確な定義は存在しない。


私の感覚的には気象学的季節の分類の考え方が比較的しっくりくる。多くの人がそうなのではないだろうか。

でも、もしかしたら人によって四季の使い方は違う感じもする。


四季の季節の移り変わり。

景色や食べ物。そして着るもの。

無意識的に四季を使うことが多いと思うが、意外と曖昧な時期がある。

そう。

季節の変わり目。

そんな季節の変わり目を知ったからといってなんだという話でもあるのだが。。。

景色も食べ物も、そして着るものも。

春だ!夏だ!秋だ!冬だ!

と明確にならないものもあるよなと。

そして明確にする必要性があるのかと言われれば。。。。

「ない」かな。


実は洋服の着方ってまさに季節の変わり目のスタイルが大半を締めるなっと感じた。

季節感を大事にするスタイルはもちろん大事だと思うけど、意外と洋服のスタイルって季節のことだけでいうと曖昧なスタイルがベースにある気がすると思った。

曖昧という表現が正しいのかはさておき、季節に極端に左右されないスタイルに自分の感じる時に季節のエッセンスを加えていく。

そんな楽しみ方を無意識的にしているんだろうなと。


綴っていて、冷静に自分は何を語ってるんだと思ったが、

今の季節は気象学的に夏にかかってる時期。

そんなことを考えながら夏のスタイルを考えてみては?


毎度のことながらああでもないこおでもない、あまり中身のない話を語ってみたが、

春から夏へ。

こういうご時世でなかなか外出をあまり楽しめないかもしれないが、ちょっとだけ季節を意識するスタイルを今年も楽しんでみてはどうだろうか。

季節の空気を楽しむのも一興。

今を楽しむ。

季節もそのひとつ。

楽しく自由に。

そんなことをふと思った、季節の変わり目。


今回はこの辺で。

じゃあね!


PRやないまさし




PRやないまさしブログ

趣味と仕事

映画をみるということ。

かっこいいということ。

断捨離ということ。

感動

気に入るということ。

走るということ。

好きなモノ「スノーグローブ」

休日ということ。

花粉症ということ。

大きいサイズということ。

カジュアルセットアップということ。

季節の変わり目という事。

雨という事。

UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて

◯おすすめコンテンツ

ABOUT 『アンビルト タケオ キクチ』とは?

オススメスタイル紹介一覧

それぞれのアンビルト

◯UNBUILT TAKEO KIKUCHI IGTV

・日時:毎週木曜日20:30〜
・URL:

UNBUILT TAKEO KIKUCHI Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー