UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

#18 モテる ≠ 女性的であるということ


こんにちは。

UNBUILT TAKEO KIKUCHIの井上です。


服でもメイクでも、雑誌やSNSなどで

「〇〇モテ」「〇〇ウケ」という言葉を

見かけることがあります。


お仕事の日のメイクや服装はこれが安心、

女子会をする日はこんな感じで華やかに、

デートに行く日はばっちり可愛く。

しっかりとTPOに合わせて教えてくれていて

面白いな、興味深いなと思いますし、

実際に参考にすることもあります。




先日、ある男性と会話をしている中で

「モテを意識してない人は、どうやって

結婚相手を見つけるの?」と聞かれました。


その方は「女性らしい服装をしないと

恋愛に発展しにくいのでは」という考えを

持っていたのです。ふむ、なるほど。


そこまで深く男性目線で考えたことがなかったので

目からポロッと鱗が落ちて。

“モテる”を基準に何かを選んだことがなく

よく色気がないと言われる私からすると、

なんとなく なるほどなぁと納得しつつも

どこか腑に落ちない気持ちでいました。


性別問わず、人としての魅力はオーラのように

にじみ出るものだと思っています。

たしかに見た目も大切だけど(清潔感は欲しい)

あのフィーリングってやつを信じたい。

でもたしかにきっかけは大事です。

それが「女性らしさ」なのか…?




ある有名なヘアメイクアップアーティストの方が

どんなファッションの人が好きですか、と聞かれ

「自分のスタイルを持ちながら そのスタイルを貫いて

自分自身に似合わせている人が

めちゃめちゃ素敵だと思う」と答えていました。


自分が好きなもの、似合うものを知っていて

それを着こなしている人というのは

服やメイクの系統がどんなものであったとしても、

それがレディライクでもメンズライクでも、

総じて魅力的に見えるものです。


異性の好きな服装や髪型を聞かれて

「その人に似合っていれば何でも」というあれ。

あれに集約されているんじゃないかと。


そういえば、「女子にモテる服装はこれだ!」

「女子がもらって嬉しいプレゼントベスト10!」

みたいなランキングだったり記事だったりを見て

うーん、私の好みとは違うなぁ…

なんて思ってしまうことが、よくあります。


結局のところ、それがマイノリティーであれ

マジョリティーであれ、好みというのは人それぞれ。

無理に女性らしさを出した服装をしなくても

恋愛はできるし結婚もできるよな、

という結論に落ちつきました。


もし誰か特定のモテたい人が現れたなら、

その人が好きな系統をリサーチして

それに寄せた格好をしたらいいわけです。


ブレない軸は持ちつつ、柔軟に楽しく。




ここまで話しておいての私はといえば、

まートレンドに流されがちで。

自分に似合うものも明確にわかっていないし

選んだものが本当に自分が好きなものなのかも

わかっていない、ブレブレ人間です。

迷い続けているこの迷路から、早く脱出したい…


ただ、毎日のファッション、

服装・メイク・髪型・ネイル全てひっくるめて

すごく楽しいなぁと思いながら選択しています。


その日の予定・その日に会う人を思い浮かべて

TPOに合わせたスタイリングを考えてみる、

もしくは自分で勝手に設定を作ってそれに合う

スタイリングを考えてみる。

あとは自分の“好き”だけを詰め込んでみたり。

そんな遊びをしていると、いつものルーティーンも

なんだかワクワクしてくるものです。


ーーーーーーーーーーーーーーー


前述のヘアメイクさんが

トレンドメイクについておっしゃっていた

「特集されたものや人の真似ではなく

自分に似合うかどうか、

という点に重きを置くのが今のトレンド」

という言葉も時代に沿った素敵な考え方で。


こういう考え方が当たり前になったら、もっと

自由に楽しい毎日を送ることができそうですね。




それでは、また☺︎


井上



合わせて読みたい!おすすめ記事3選

#17 おしゃれなレディーススーツが欲しい
エクステンダーに込めた想いが重い
イノベーション、破壊なんだってよ

UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて

おすすめコンテンツ

ABOUT 『アンビルト タケオ キクチ』とは?
オススメスタイル紹介一覧
それぞれのアンビルト

UNBUILT TAKEO KIKUCHI IGTV

・日時:毎週木曜日20:30〜
・URL:UNBUILT TAKEO KIKUCHI Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー