UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

言葉の違い。


・フルオーダー(ビスポーク)

・イージーオーダー(メイドトゥメジャー)

・パターンオーダー(セミオーダー)


オーダーの中の言葉の違い。


オーダーメイドスーツ

カスタムオーダースーツ

オーダースーツ


使う言葉は人それぞれ、

一つの言葉に今までの経験や周りの環境によって、

受け取り方も発する意味も変わります。

シンプルでありながら複雑。


さて、今回は上記のオーダーの違いについて簡単に書いていきます。


フルオーダー

最も本格的な仕立て。

Tailor(仕立て屋)がハンドメイドで(手縫い)で仕上げてくれる。

生地選び→採寸→デザイン→縫製→仮縫い→本縫い→受け取り

要望点を仮縫い(採寸情報に基づいたもの)の時点で握り合い補正を入れてくれる。

そのため、非常に体に合ったものが仕上がる。

費用と仕上がりまでの日数は非常にかかるが完成度が非常に高い。


イージーオーダー

既にある型紙(裁断したりするための、一定の形に切り抜いた紙)の中から身体にあったものを選び、

そこから更にサイズが合うように調整、体型補正をできる。

フルオーダーほどではないが、自分好みに仕上げることができる。


パターンオーダー

ベースサイズとなるスーツ(サイズゲージ・既製品)の中から

自分の身体に合うサイズを試着し、サイズ調整を行う。

例 JK 肩 着丈 袖丈 ウエスト

などをサイズ調整できる。


すごく簡単にですが、ご紹介させていただきました。

多く言われるのは、初めてオーダーをするならパターンオーダー。

標準デザインが合わない方がイージーオーダー。

とことんこだわりたいならフルオーダー。

ですが、その中でも共通して言えるのはドレッサーによるところも大きいこと。

しっかりコミュ二ケーションをとり、

意図をくみ取った上で調整や補正を入れてくれる。

理想を握りあえなくては技術も意味をなさないことがあります。

ですので、販売員は高いものを買わされる敵ではなく、

一緒に理想を形作る味方です。


皆様のお力になれるよう、考える日々

相手の立場になって考える、少し視点を変えて考えてみる。

日々精進、そんな積み重ねが皆さまの笑顔につながりますように。


すみません、今回のブログはこの辺で!

このすみませんもありがとうであればごめんなさいでもあり、

人を呼ぶときにも使う。

不思議ですね。


それではまた!

SNS担当:桑野




UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて

おすすめコンテンツ

ABOUT 『アンビルト タケオ キクチ』とは?
オススメスタイル紹介一覧
それぞれのアンビルト

UNBUILT TAKEO KIKUCHI IGTV

・日時:毎週木曜日20:30〜
・URL:UNBUILT TAKEO KIKUCHI Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー