UNBUILT
L O A D I N G 5 0 %

食事は一日三食

皆さんこんにちは

UNBUILTのメルマガ担当たいらです。

今回で3回目の投稿となります。


さて皆さん、タイトルにもありますが

毎日の食事は一日三食取っていますか?

「日本食」の画像検索結果

私はNOです。

一日の食事は二食にしています。


…自信満々に答えましたが、これを言うと

「元気でないんじゃない?」「体に悪いよ!」と思う方もいらっしゃるでしょう。


一日三食の起源は江戸時代まで遡り、それまでは朝食をお昼くらいに、夕食を夕方4時頃にとっていたそうです。

1657年、江戸を襲った「明暦の大火」

町を復興するために、各地から大工、左官屋などの職人たちが集まってきました。

彼らは肉体労働者ですから、当然1日2食ではお腹が減ってもちません。

とはいえ、いちいち食事のために家に帰ってもいられないので

江戸のあちこちに屋台や飯屋ができるようになり、にわかに外食産業が栄えました。

そういった復興のために働いていた職人に、正午過ぎにも食事を出すようになったのがきっかけだったそうです。

また、江戸の都市としての繁栄により物流がよくなったおかげで、

照明用の菜種油が普及、起きている時間が長くなったというのも一因です。


さて、現代の日本人はどうでしょうか。

毎日力仕事に励んでいる方、どれくらいいらっしゃるでしょう。

図表:1

※参照:独立行政法人労働政策研究・研修機構HP「職業別就業者数(2019年平均)」より


こちらのデータを見てみると、事務従業者や技術的職業従事者だけで割合が35%強を占めています。

かくいう私もデスクワークに従事しており、力仕事は日常的には行いません。


私が1日2食を実践したきっかけは、某有名ユーチューバーやインフルエンサーの発信を見たことがきっかけです。

朝に軽食、夜は好きなものを好きなだけ食べる!という習慣なのですが

食べたものが胃で消化され腸で吸収されるというプロセスには一定の時間が必要で

食べる回数を減らすと、完全に胃が空になった空腹時間が増え、それが胃腸の休息時間になるそうです。

「お昼のランチを食べ過ぎて眠い…」「朝ご飯を抜いてぼーっとする」

そういった感覚がこれを始めてからすっかりなくなりました。

食べる全体量が減ったので、心なしかお腹周りもすっきりしたような(^^)/


アンビルトを知ってご愛顧いただいているお客様は

「お店で接客を受け、試着をしなくても洋服が買いたい」

「自分に合ったサイズ・カラーの服を探している」

「セール商品ではなく、確かなコストパフォーマンスの商品が欲しい」

そんな洋服の常識に囚われない、フレキシブルな思考をお持ちの方が多いのではと思います。


働き方にFITするアンビルトでお洋服の常識を変えていくことと併せて

食事も自分にFITするスタイルに変えてみるのはどうでしょう。

新しい活動は新しい感覚、新しい自分に巡り合う良いきっかけになると思います。

皆さまもぜひ一日二食、実践してみてはいかがでしょうか?


とはいえ、これから寒暖差のある季節の変わり目が近づいてきますので

体調にはお気をつけて、自分のからだと相談しながら無理なく実践してみてくださいね。


ではまた次回の投稿で!



UNBUILT TAKEO KIKUCHIについて

おすすめコンテンツ

ABOUT 『アンビルト タケオ キクチ』とは?
オススメスタイル紹介一覧
それぞれのアンビルト

UNBUILT TAKEO KIKUCHI IGTV

・日時:毎週木曜日20:30〜
・URL:UNBUILT TAKEO KIKUCHI Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー