店舗スタッフ 桑野の呟き!3(生地の重さって?)





皆さま!
おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!

桑野です!

8月もあっという間に過ぎそうです。
今年の夏らしい事はセミの幼虫が木に登ろうと歩いているところを目撃
したことが、唯一夏を感じた出来事でした。
この状況下でも夏を感じられたのでプラスでしょう。笑

セミって仰向けで
足が開いた状態で転がっている時はまだ生きているんですよね。
あの時って何を思っているんだろうと考えたんですけど。
(何を考えてるんだこいつは、、、)
結果
『もうやり残した事はねぇぜ』
に落ち着きました。
その余韻にひたっている時にちょっかい出すと邪魔すんじゃねぇって
すごい剣幕で抵抗してくるんだと思い
誰かがちょっかい出そうとしてると余韻に浸らせてやってくれ
と思うここ最近。

前置きが長くなりましたが!
夏終盤の洋服って悩みませんか?
悩みますよね!
・暑さ
・生地感
・合わせ方

UNBUILT ではオーダーだからこそ季節感も幅広く対応できます!

夏物冬物ってどう区別してるかご存知ですか?

素材はもちろんなのですが実は重さもなんです!

季節によっての大体の重さが下の表になります。


  • 210〜250g 春夏用の生地で扱われる重さ
  • 230〜280g オールシーズンと呼ばれる重さ
  • 285〜360g ミドルウエイト。真夏以外着れる重さ
  • 360〜390g 冬用のスーツ生地などの重さ
  • 420〜570g コートに使用したり、希少なスーツ生地の重さ


例えばオールシーズンの生地を単衣と言われる裏地が入らない仕様に変えるとシャツジャケットのように軽く羽織れるジャケットに!




最近ではインナーの機能性が高いので暑がりの方はオールシーズンの生地で裏地を春夏使用の背抜きにしてオールシーズンお召しになる方も!




オールシーズンの生地を総裏と言われる裏地がしっかり入ってくる仕様にすると秋冬メインで使えるジャケットに!




皆さまそれぞれのライフスタイルに合わせたご提案させてください。


本日はここまでで失礼します。

最後になりましたがまだまだ気が抜けないご時世ですので、

皆さまご自愛ください。


UNBUILT 店舗スタッフ

桑野